株の信用取引おすすめ証券会社のご案内です

信用取引手数料比較

1番おすすめの証券会社は?

ズバリ!オススメはGMOクリック証券です!
何といっても手数料が非常に安いのが魅力です。取引金額が10万円までだとライブスター証券のほうが安いですが、すべての価格帯を総合的に判断するとGMOクリック証券が最安値です。

将来的に株の取引に慣れてきて信用取引をする場合は1取引を非常に安い手数料で行うことが出来ます。(信用取引金利も安いです)

さらに口座開設から3ヶ月は現物取引・信用取引ともに手数料は無料です。その上、現物取引を3ヶ月手数料無料で行い次に信用取引で3ヶ月、合計6ヶ月手数料無料で株の取引が出来ます。

そういった意味を含めましてGMOクリック証券が1番おすすめの証券会社です。1ページ分の申し込みフォームを記入するだけでOKです。オススメです今すぐお申込みください!

株式口座開設にあたって

株の取引の口座を開設となったら、少し手間が掛かると感じるかもしれませんが、そうとは言い切れません。インターネットを介して口座開設の申込をあっという間に行うことが可能です。時間的には、5分程度しか要しません。申し込みから最短で3営業日で、株の取引を行うことができます。

口座開設に必要になるものは、以下の3点です。

  • 振込先の金融機関の口座
  • 金融機関届印
  • 本人確認書類

証券会社はほぼすべての金融機関に対応しています。インターネットバンキングでオンライン取引ができる銀行ですと非常に便利です。入金時は、即時入金というものが設定されており振込手数料が無料になります。即時入金はリアルタイムで証券口座へ反映されますので大変便利です。

ほとんどのインターネット証券会社は、3~4営業日から取引が可能になります! 株式口座を解説するのは少し面倒そうですが、意外と簡単にできます。是非、証券口座を開設して株式投資・NISA投資にと株の買い方の幅を広げてください♪

株初心者は優待株を買え

株式取引を含めさまざまな投資による資産運用はハイリスクハイリターンで、上手に運用をする場合に専門的な知識を必須とする事が多いです。専門的な事を勉強していないは必ず失敗して財産を失います。
まずネットで実際に取引している人の株ブログなどを読んで事前に勉強して生の株式投資を肌で感じてはいかがでしょうか。

最近では素人などでも簡単に資産運用が出来るNISAという方法があって、お金をあまり持っていない人でも気軽に運用がしやすいので、勉強する意味でもお勧めです。 NISAは株式による運用の方法と似ていますが、100万円までの取引に関しては利益を得たとしても課税をしないシステムになっています。

株取引はまったく初めてだという株初心者の方や、何となくどういうものかは知ってるけど詳しいことはわからないという方。証券会社に口座を開き、株取引を始める前に、まずは基本的な株取引で利益を得る仕組みから理解しましょう。当サイトがあなたのネット株取引のご参考になれば幸いです。

他の運用の方法と異なってローリスクですが、大きく儲かることは少ないです。基本的に1万円という少ない額でも口座に入れて、上手くいけば百円単位の利益が口座に振り込まれることがあります。初心者の場合が世の中のお金の流れなどの知識を得やすい点で、非課税のNISAによる運用方法で管理の仕方を学んで、他の運用の仕方に活用しながら上手な資産運用に繋がる場合が多いです。

自分が株取引をする際にどの方法で取引をするのかということについて考えた上で口座を選びましょう。例えば人によっては、昼間パソコンの前に張り付いて取引をすることができないという人もいると思います。

株の値動きが気になるけどパソコンを利用できないという人の場合には出先からでも取引ができる携帯電話のモバイルを利用するということになります。 口座を開設する際に、普通口座を選んでしまった場合には、1年間の取引報告書を自分で作成して、納税を自分で行わなくてはいけません。

しかし口座開設をする際に、特定口座を選んだ場合には、損益の計算書を作成することなども、証券会社の方で行ってくれますので、年間取引報告書を自作しなくてもいいことになり、とても手間が省けます。自分で作るのはとても大変ですし、手間もかかりますし、確定申告をしたことがない人や税金の計算をしたことがないという人にとっては、かなり大変で難しいことになりますので、口座開設をする際には、特に理由がない人というのは、特定口座を選ぶ方が無難です。

株主優待とは、企業(株式会社)が株主に対して品物やサービスを提供したりする制度です。 優待内容はその企業が取り扱っている商品や食事券・割引券・入場券・お米・図書券など様々です。 また取得している株数に応じて、会社経営に関与できる「経営参加権」や、株主総会において原則、株式の保有数、また保有単元数に 準じた「議決権」の行使などが与えられます。

この権利や資格とは別に、いわゆるスポンサーと いう位置づけで「株主優待」というものがある訳です。株主優待とは、その会社の一定数にあたる株式を 権利確定日(簡単に言うと決算時期)に有している株主を対象に行う優遇制度で、この制度を 株優ということもあるそうです。

株を買うメリットの所でも書きましたが、株を売りたい人が多いと株価は下がり、買いたい人が多いと株価は上がります。要するに、需要と供給の関係で株価は上下します。例えば、その企業の業績が良い場合などは好感され、株価は上昇する傾向にあります。逆に業績が振るわなければ嫌気され、下降に転じる傾向が強いといえます。

また、同じ株価を動かす要因一つを取っても、個人個人の考え方の違いによって、売る人がいれば買う人もいます。したがって、株価の変動には人間の心理状態が大きく影響しています。 例えばよくニュースなどで聞く会社施設の売却は、ある人は売却するのは業績が悪いからなので、この株は売りだと考えます。

でも、別の人は会社施設を売却して資金に余裕が出来るので、業績は良くなるはず、だから買いだと判断しました。 このように個人の考え方の違いによって株価は変動します。